【PR】本ページはプロモーションが含まれています

Jackery ポータブル電源

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500【ポータブル電源の口コミ・評判】レビュー!

8月 4, 2022

今回は2021年06月25日発売したJackery(ジャクリ)ポータブル電源1500の口コミやみんなの評判を紹介します。

この記事では 

  • ポータブル電源 1500の製品の特徴
  • 購入者のリアルな口コミ紹介
  • ポータブル電源 1500のメリット点とデメリット点

などJackery(ジャクリ)ポータブル電源1500の気になる点をここぞとばかり伝えていきます。

 

Jackery ポータブル電源 1500 PTB152 Jackery Solar Generator 1500 超大容量1534Wh/426300mAh ポータブル電源バッテリー Twin Turboシステム 家庭アウトドア両用バックアップ電源 PSE 純正弦波 MPPT ソーラーパネル充電 キャンプ
スポンサーリンク

みんなの評価・評判

以下の内容は各サイトに記載ある評価レビューや口コミの意見を参考にまとめております。

実際に購入した人が感じていることを知り、購入するかどうかを決めるときの判断材料として参考にしてください。

公式ホームページでの評価

公式ホームページの評価では総合評価★4.6(2023年11月11日時点)で購入者からは高評価を獲得されております。

評価内訳が以下の通りでレビュー総数:124件のコメント件数があります。

★★★★★…88件
★★★★☆…28件
★★★☆☆…7件
★★☆☆☆…1件
★☆☆☆☆…0件

レビュー総数が124件で、★1と★2が1件と少なく、★4,★5で116件の口コミでした。

Amazonでの評価

Amazonの評価では総合評価★4.4(2023年11月11日時点)で購入者からは高評価を獲得されております。

評価内訳が以下の通りでレビュー総数:96件のコメント件数があります。

★★★★★…67%
★★★★☆…20%
★★★☆☆…7%
★★☆☆☆…2%
★☆☆☆☆…5%

レビュー総数が96件で、★1と★2が7%、★4,★5で87%と高評価です。

楽天市場での評価

楽天市場の評価は未だ掲載がありませんでした。

Yahooショッピングでの評価

Yahooショッピングの評価では総合評価★4.7(2023年11月11日時点)で購入者からは高評価を獲得されております。

評価内訳が以下の通りでレビュー総数:349件のコメント件数があります。

★★★★★…272件
★★★★☆…59件
★★★☆☆…11件
★★☆☆☆…3件
★☆☆☆☆…4件

レビュー総数が349件で、★1と★2が7件、口コミの90%以上が★5、★4評価で購入者から満足ざれている喜ばれている商品で、買った人ほぼ全員の皆さんが買ってよかったと思える商品のようです。

総合評価

各サイトのレビュー総数は569件あり、そのうち★1と★2があわせて10件ほどと件数は少なめで、★4,★5は530件とほとんど高評価の口コミが掲載されておりました。

購入者の皆様の約90%の方々が満足して使用されている商品になりますね。

また、Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500は、特に50代、60代の年齢層で男女問わずたくさんの高評価を得ております。

ご検討の際は公式ホームページからがおすすめ

理由は、公式ホームページから購入した場合

1年間延長の無償オプションが付いてきますので、合計3年間の長期保証になります。

外観やサイズに関する口コミ

「重さ17Kgでこれ以上重いとさすがに移動するのは大変ですが、これなら持ってぎりぎり移動が出来ます。結果、購入して大正解でした」

「身長155センチ体重50キロの女性でも持ち運べて取り扱いできる重さです。戸外でも何かと持ち運んで使えるので便利です」

「持ち手が背面上部に付いているので、片手で持ち上げたり下ろしたりする時に本体が前側へ傾く為、正面下部の部分をぶつけやすいのが気を付けないといけないです」

ほとんどの家電を動かせるのに灯油缶(18L)より軽いです

Jackery ポータブル電源 1500は、サイズと重さがかなり大きくはなってきていますが、屋外で使うポータブル電源としては本当にギリギリと言っていいでしょう。

購入者の意見では「これ以上重かったら持ち運べない」「これならなんとは運べそう」「車に置いておくのには許容範囲」など結構ギリギリ便利に持ち運べるレベルのポータブル電源でしょう。

持ち運びには取っ手(ハンドル)がありますが、上面の真ん中にあるわけではありませんので、少し安定しない点があるかもしれません。

おろすときは、ゆっくりおろすことを注意し、専用カバーで持ち運べば問題なしですね。

編集部

サイズと重さについて

Jackery ポータブル電源 1500のサイズは、横幅35.5cm×縦幅26.5cm×高さ25.3cmで、重さは16kgです。

なかなか見た目は迫力があり、重さも持ち運びもきつそうなイメージですよね。

その改善点としては、持ち手は大きく、シリコン素材なので握った時にフィット感があり、とても持ちやすい構造になっております。

しかし、重さは10kg越えは変わりませんので片手で持つのは結構きつく、両手で持つのが精一杯になります。

また、男性でも両手で精一杯なので、女性の方が持つにはかなりきつい重量になリますのでそれなりの覚悟が必要かも。

荷台で運んだり、二人で運ぶなりして対応するのが良さそうですね。

縦幅26.5cmの両側面は、排熱する通気口になっていますので、隅に設置する際は通気口を塞がないようにして設置してください。

定格出力に関する口コミ

「1500W出せる事は最高です。ティファールやケルヒャーも使えて屋外の清掃や、車中泊にもってこいです。」

「ドライヤーも、洗濯乾燥機、オーブントースター、電子ポット、炊飯器が使えるのでとても助かります。我が家は安い電気代の時に蓄電して高い時に使っているので、電気代が楽しみです」

Jackery ポータブル電源 1500 は出力1800Wの高出力です。

1500W以上の出力があれば、ほぼ動かせな家電製品はないのではないでしょうか?

屋外で、電子レンジやドライヤーが動かせるので、快適なアウトドアや防災時の備えには本当に助かる製品になりますよ。

ソーラーパネルとセットで持っていると、昼間の太陽光で充電しながら家電を遣えたりするので快適さが増しますよ。

編集部

定格出力について

Jackery ポータブル電源 1500の定格出力は1800Wです。

さらに瞬間最大出力3600Wです。

これだけの高出力があれば瞬時に高出力される家電製品に対しても使用することが可能です。
まぁ…1800Wの出力があれば、ほぼほぼ動作しちゃいますが。

定格出力1800Wになると、ホットプレート、ファンヒーター、ドライヤーなど1000Wクラスの家電にも対応できるため停電時の緊急電源として大活躍してくれます。

なぜなら「Jackery ポータブル電源 1000」(もしくは、それ以下)では、1000Wクラス以上の家電を快適に動作させることが出来ないからです。

例えばドライヤーは見た目は小さい家電製品なのものの、定格出力は1200W程度と結構高出力あります。
ですので、定格出力が1200W以下のポータブル電源ですと動作させることができません。
(送風なら何とかレベルです。。。多分)

野外でドライヤーを使いたい人にはJackery ポータブル電源 1500がおすすめです。

同等の定格出力製品一覧はコチラ

出力ポート数について

出力ポート数は合計7ポートになります。

  • AC出力×3
  • USB-A出力×1
  • QC3.0出力×1
  • USB-C出力×1
  • シガーソケット出力×1

一般的な家電が使用できる端子で、USB-A端子の1口はQuick Charge3.0を搭載しているため、対応するスマートフォン、タブレット、ノートパソコンを急速に充電することができます。

バッテリー容量に関する口コミ

※作成中

バッテリー容量について

バッテリー容量は1534.68Whです。

それに加えてバッテリー容量も豊富なんです。

1534.68Wh/426,300mAhの大容量で同時供給数は6個あります。

電池残量を気にすることなく、3~6泊の宿泊でも安心の大容量なので遠くへお出かけしても問題ないレベルです。

何をどのくらい使えるのか?

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500は定格出力が1800W(瞬間最大3600W)なので基本3600W以上の電化製品には使用できません。

というわけで、ほぼほぼの電化製品が使用することができます。

また、バッテリー容量が1534Whの場合、以下の例とした電化製品ではどのくらいの時間使えるのかを調べてみました。

※電源の効率(80%)を考慮しておりますので公式とは異なる記載の場合があります。

使用機器給電回数/使用時間
LEDライト(12W)約102時間
スマートフォン(18Wで60分充電)約74回
パソコン (30wで2時間30分充電)
約16回
液晶テレビ(60W)約20時間
電気毛布(80W)約15時間
車載冷蔵庫(100W)約12時間
炊飯器(200W)約6時間(7回)
ミキサー(300W)約4時間
コーヒーメーカー(1000W)約1.2時間
ドライヤー (1200W)約1時間
電子レンジ(1450W)約50分
エアコン(3200W)約20分

同等のバッテリー容量製品一覧はコチラ

容量拡張について

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500にはバッテリー容量の拡張機能はありません。

容量拡張がある同等製品はコチラ

充電に関する口コミ

ソーラーパネルも合わせて購入しましたがパネルは大きさがそれほど大きくなく片手持ち運べる重さなので重宝しそうです

「ポータブル電源1500を使用中です。今年の電気料金の上がり方が半端なく、この調子では年間10万UPの可能性もあり得るので、2年で元が取れる計算で購入しました。太陽のおかげと、節電の努力の甲斐もあり、一昨年の電気代まで下がりました。また、太陽光でテレビが見られたり、ドライヤーも使えるので、太陽の偉大さを感じられずにはいられません。そして、太陽光により増減するワット数を見ることが楽しみで、まるで日々貯金が増えていくような感覚も楽しんでいます」

「太陽光で充電し、主にテレビを見る時にこの電源を使っている。なので、テレビにかかる電気代を大きく削減できている」

「ソーラーパネルは併用出来ましたので その点もよかったです。災害に備えて2台購入してあんしんしました。充電もソーラーパネルで簡単に出来ました。フル充電で冷蔵庫60時間は魅力的でした」

編集部

電気代の高騰によって購入を検討している人が急増していますね。

充電方法について

充電方法については、4種類対応しています。

  • ACコンセント充電
  • シガーソケット充電
  • ソーラーパネル充電【最大200W】(別売)
  • ACコンセント充電x2(デュアル充電)

充電時間について

充電時間目安 

充電方法フル充電時間
ACコンセント充電約7.5時間
ACコンセント充電x2約4時間
シガーソケット充電約13時間
ソーラーパネル充電【最大200W】(別売)約11時間

ACアダプター2個使いで高速充電可能

Jackery ポータブル電源 1500では従来の商品とは違い、充電効率アップさせています。

その違いは、インプットの入力端子が2つになり「Twin Turboツインターボシステム」でACアダプターを2つ使いで充電ができ、W使用で高速充電が可能になりました。
このシステムはJackeryで初めて導入された高速充電方式になります。

従来ポータブル電源は1つのアダプターを用いて充電しておりましたが、
この技術により「2つ」アダプターを用いることで充電速度を倍増させることができるんです。
このツインターボシステムがあれば、大容量の1534.68Wh/426,300mAhも最短4時間でフル充電可能です。

めちゃくちゃ早くないですか?

ただし、2つ接続して充電するには、別途「ACアダプター」を追加で単品購入する必要があります!!

>>別売で単品ACアダプターの購入&詳細はコチラ

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500対応 ソーラーパネル 充電について

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500のソーラパネルの充電可能な出力電力は最大400Wです。

ソーラーパネル入力での充電時間は約11~22時間です。(ソーラーパネルのサイズや気候変動による)

Jackeryでは、「Jackery SolarSaga 60 PRO」「 Jackery SolarSaga 100」の2つのソーラーパネルを推奨しています。

他社のソーラーパネルも互換が合えば使用可能ですが、当然ながら保証対象外になります。(充電時間等一切不明)
新しくJackeryのポータブル電源を買いたいのであれば、Jackeryのソーラーパネルの同時購入をおすすめします。

他メーカーのソーラーパネルが手元にある場合でも、互換があっているのかどうかが判断できない場合は、使用しないのが無難でしょう。せっかく購入した電源が、故障してしまいかねません。

ソーラーパネルを使って充電できるエコシステムを構築しておけば、天気に左右されるものの、晴れている日ならソーラーパネルを広げておくだけで、自動的に充電されます。

災害時にもこのエコシステムがあれば、もし数日停電になったとしても、ほとんどの電化製品が使用可能ですので、太陽光さえあればなんとか乗り越えていくことができますね。

Jackery(ジャクリ) ポータブル電源1500はソーラーパネル複数枚充電可能

ソーラーパネルは1枚〜4枚まで接続可能です。なんとこのJackeryポータブル電源1500には付属でソーラーパネル接続ケーブルが2本入っています。

ですので、Jackery SolarSaga 100を最大4枚を接続する場合、別途何も購入の必要がなくそのまま接続して充電可能になります。※ソーラーパネルは購入必要です。

太陽光充電で自給自足をし月々の電気代の削減に役立出ることができます。

ただし、ソーラーパネル充電にはデメリットもあり、「晴れてないと使えない」「ソーラーパネルが1枚3万円以上する」点です。

太陽光が差していないと効率が悪くなり、曇りや雨の日だと、なかなか思った速さで充電してくれません。

もしも最大4枚まで使用した場合だと初期費用で15万円程度してしまうので、ちょっとキャンプで使いたい程度ならソーラーパネルを1枚から初めてみるのも良いかもしれません。

逆に本格的に使うということなら、初期費用は電気代を節約などで相殺できるし、車中泊などで電源を気にしないでよくなるので本当にオススメです!

それでは、Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500に対応しているソーラーパネルを紹介していきます。

★詳細☆

Jackery SolarSaga 100W(100W)

拡張バッテリー型式Jackery SolarSaga 100W
本体定価(税込)¥34,800(税込)
最大出力100W
重量約4kg
付属ケーブル付属充電ケーブル
同時接続4枚まで

機能に関する口コミ

※作成中

液晶ディスプレイの表示

Jackery1000

Jackery1500

これまでのJaclery製品では入力W数(input)・出力W数(output)・バッテリー残量液晶(%)の3つしかディスプレイで確認できませんでした。(左記:Jackrey 1000参照)

Jackery ポータブル電源 1500では、さらにその3つに加え、「残りの使用時間」「フル充電するのに必要な時間」まで表示されるようになりました。

時間表示は大体の目安がわかるので非常にわかりやすい表示になってますね!

Jackery Ace 1500のモニター表示画面一覧 

  1. 入力数 (input)
  2. 出力数(output)
  3. バッテリー残量(円形へリニューアル)
  4. バッテリー残り使用時間 (追加)
  5. バッテリーの充電時間(追加)

ファンの騒音レベル

Jackrey ポータブル電源 1500の内蔵されている冷却ファンは、ON/OFF制御がありますので、給電中に定期的にファンが動作したり、停止したりします。

なので、あまり音がある環境で寝れない方には一緒の部屋に置いて寝るのはおすすめできません。

寝る際は使用しないや使用した製品だけ部屋に入れ、延長コード等を使用して、廊下や別の部屋など離れたところに置いて使用したほうがよさそうです。

口コミ情報によると、Jackery ポータブル 1500のファンが動作しているときの音の大きさは「60db(デシベル)」程度です。

60db(デシベル)とは・・・トイレの流れる音、普通の会話、運転している車内音

だそうです。
結構寝るにはきついかもしれませんね。。。

寝てる間に横でトイレの流れる音はよっぽど疲れてない限り誰でも起きちゃうと思います。

Jackery ポータブル 1500のファン音は、他の大容量ポータブル電源と比較をすると静かな部類に入ります。

大容量で静音タイプ(しかも安心の保証付)をお探しの場合は、Jackrey ポータブル電源 1500がベストなのではないでしょうか?

パススルー充電機能

さらに、Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500はパススルー充電機能にも対応しております。

ACコンセントから通常充電しながら、スマートフォン充電や家電製品を動作することができます。

パススルー機能とは、ポータブル電源充電しながら、電化製品に給電し動作させることが出来る機能です。

この機能が役立つ場面としては、主に下記が挙げられます。

  • コンセントで充電しながら、電化製品の給電を行いたい時
  • ソーラーパネルで充電しながら、電化製品の給電を行いたい時
  • シガーソケットで充電しながら、電化製品の給電を行いたい時

効率良くポータブル電源を活用したい場合に便利な機能ですね!

 ですが、このパススルー機能はメリットだけではありません。長時間の使用は禁物なんです。

パススルー機能を使用するとバッテリーに負荷をかけてしまい、寿命を縮める原因になると言われております。

これはスマートフォンでも同様ですね。

パススルー機能は、長時間電化製品を動作させるのには非常に助かる機能ではあるのですが、先々を見据えると使用するのはあまりおすすめしないですね。
どうしてもという時以外はやらない方が良いでしょう。

高い安全性

Jackrey製品すべてに言えますが、高い安全性を兼ね備えています。

一般社団法人防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得しております。
さらに電気用品安全法の基準に適合した電化製品にのみ掲示されるPSEマークの認定。
リチウムイオン電池の国際基準の一つである「UN38.3」(国連特別輸送試験)の認証取得。

これらの称号があるため、Jackrey製品は安心してご使用することができます。

また、製品内にバッテリーマネージメントシステム(BMS)が搭載されており、
使用時には電圧や温度を適切に管理しています。
過充電や過放電が発生しないように防止するシステムが導入されていることで高い安全性を保っています。

購入者のリアルな口コミ

「他商品から買い替えました。定格1800Wってやっぱ神領域」

Jackery ポータブル電源 1500は定格出力1800Wで瞬間出力が3600Wと市場のポータブル電源では高出力タイプの商品です。

高出力タイプのメリットは使用できる電化製品の幅が広がることです。

例えば、Jackery ポータブル電源 1500のワンランク下のモデルにあたる「Jackery ポータブル電源 1000」では、定格出力1000Wですので1000W以下の電化製品が使用可能です。

毎日のように使用するドライヤー、電気ケトルだったり、夕食等に使うホットプレートは1000W以上の電力を消費します。

つまり、Jackery ポータブル電源 1000では動かすことができません。電化製品の電源入れたときも瞬間的に高出力になったりもします。

ドライヤーなど高出力の電化製品をポータブル電源でも使いたい方には、断然Jackery ポータブル電源 1500がおすすめです。

しかし、Jackery ポータブル電源 1000でも決して定格出力が低いわけではありません。電化製品の給電や充電は十分に行えますので900Wまでのご使用であればJackery ポータブル電源 1000でも全く問題ありません。

口コミの中には「定格出力1000Wって意外と少ないんです。家電の起動電力って思っているより大きいことに痛感しました」など失敗談からの買い替えされる方もいらっしゃいました。

そうならないためにも、しっかり利用目的を明確にした上で、自分にぴったりのポータブル電源を選定するようにしましょう!

編集部

「高機能な面、重さがネックになります。」

「入出力部位はとてもシンプルなので、直感的な操作でも楽々使用可能です。作りもしっかり重いのは否めないですが、ハードな環境下での使用でも安心して使用できる一品です。稼働時間も長く使い勝手が良いです」

Jackery ポータブル電源 1500は、大容量・高出力で機能面では快適なのに対し、重量は重めになります。重量は16kgと女性や子供では持てても持ち運ぶのには苦労します。成人男性でも少し危ういかもしれないですよね。

やはり高機能であっても運ぶのがしんどい、一人じゃ持ち運べないと断念してしまう人も多いかもしれません。運ぶ際には荷台などに乗せて運ぶようなことをすれば、移し替える時だけ持ち上げればいいのでだいぶ軽減されると思います。ですので、持ち運ぶ際は荷台の準備をおすすめします。

ソーラーパネルをご検討であれば。パネルも一緒に載せれるサイズで購入されると便利ですね。

「許容できるぎりぎりのいいとこに設計された素晴らしい製品」

Jackery ポータブル電源 1500の性能で言うとぶっちゃけ重さ以外デメリット面が見当たらないんじゃないかというくらいです。ほんとに機能面は申し分ありません。重いは重いですが、男性なら持ち運べないことはないでしょう。あくまで参考ですが。

これ以上重かったら正直男性でも持ち運べなくなり使い勝手が悪い上しんどくなりますし、かといってこれより容量・定格出力が少ないと不便な点が出てくるかもしれません。そう考えると、ギリギリ持ち運べるレベルだし使える電化製品もほぼ網羅できてるという点では、いい頃合いで本当にちょうどいい製品なのかもしれませんね。

編集部

「細かい箇所に工夫がされていてさすがの一言」

Jackery ポータブル電源 1500はただ容量が大きく色々な電化製品を動かすことができるということだけではありません。長く使って頂けるよう細かいところにも工夫がされており、非常に好評です。

  • 持ち手が滑りにくい。
  • コードケースがついている。
  • 説明書を読まなくてもすぐ使用できるほど分かりやすい操作性と表示パネル。

Jackery ポータブル電源 1500は重量が約16kgありとても軽いと言える代物ではありません。むしろ重たくて持ち運びにくいんです。少しでも持ちやすくするために、持ち手をシリコン素材にすることで握ったときのフィット感や、滑りにくさを生み出しています。

物が重いとつい手が滑ってしまって落としてしまったり、足にあててしまったり…

しっかり持ち手が握れるよう汗で手が滑りにくいように工夫がされています。

また、Jackery ポータブル電源 1500には付属でアダプター等のコード類収納ポーチがついています。

止水ファスナーでしっかりしているケースでGOOD!!と言う意見も。

そして、なんと言ってもJackery ポータブル電源 1500の操作性と状態表示画面のみやすさに工夫がなされています。

これまでのJaclery製品では入力W数や出力W数、そして真ん中にバッテリー残量液晶(%)の3つの表示ディスプレイでした。Jackery ボーダブル電源 1500では、さらに2つの表示が追加され合計5つの表示になっております。追加されたのは「残りの使用時間」「フル充電するのに必要な時間」で見ただけで使える時間、フル充電に必要な時間が確認することができるようになりました。

編集部

「災害大国の日本に住んでいくなら必ず備えておくべき製品」

「年々の電気料金の上がり方が半端なく、この調子では年間10万UPの可能性もあり得るので、2年で元が取れる計算で購入。節電の努力と太陽光のおかげもあり、一昨年の電気代まで下げれました」

「我が家の太陽光発電買取価格が10年経過して、買取価格が下がった為、 昼間太陽光発電を検討。 夕食作りの際に電子レンジや電気ケトル、トースターなどに使用して節電に貢献しています」

Jackery ボーダブル電源 1500の口コミからは、電気代の高騰化で新しく備えたり、災害が起きたときの備えで購入した。二度とあの時と同じ事をしたくない。と災害経験をした方やしっかり災害に対して考えている人の意見が多数ありました。

地震で停電になり、仕事で使っていたパソコンの電源が入らず、数日仕事ができなかったり、避難所生活は他人と暮らすので慣れない視線からか結構ストレスが溜まったりするようです。

こういったことは経験した方にしかわからないですよね?

災害を実際に経験した人は、避難所生活はもうしたくない、家が車が無事ならば電気がなくてもとりあえず視線を感じない場所での生活を送りたいようです。

もし車が無事であれば、シガーソケットから充電も可能ですし、Jackery ボーダブル電源 1500の容量があれば最低限の生活が数日はできそうです。

災害が起きたときでも生活はしていかなければいけないのでいざというときのために備えておくことも大切ですね。

編集部

ご検討の際は公式ホームページからがおすすめ

理由は、公式ホームページから購入した場合

1年間延長の無償オプションが付いてきますので、合計3年間の長期保証になります。

保証や商品詳細

保証期間

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500の保証期間は購入日から最大3年保証です。

通常購入ですと、2年の保証なのですが、公式ホームページで購入することで1年追加の「3年保証」になります。

ですので、購入の検討は公式ホームページからの購入をおすすめします!

充電サイクル(寿命)

従来のJackreyのポータブル電源の充電サイクルは、充電サイクル800回以上です。

例を挙げるとjackery ポータブル電源 1000の場合は仕様上ですが充電サイクル500回です。

計算すると、 ポータブル電源 1000と比較して約1.6倍長持ちしちゃう仕様です!

口コミレビューからですが、「1週間に1サイクルのペースで使用した場合だと約15年以上バッテリーがもつ計算」だそうです。

ポータブル電源で15年以上持てば十分な気がしますね。
丁度そのくらい経過すれば、さらに効率の良い商品が出ていそうです。

製品スペック

商品詳細
商品名ポータブル電源1500(PTB152)
メーカーjackery
発売日2021年06月25日
カラーバリエーション1色
サイズ355mm×265mm×253mm
重量16kg
電気容量1534Wh
バッテリー拡張
定格出力1800W(瞬間最大3600W)
ブーストモード
出力口合計合計7ポート
AC出力×3
シガーソケット出力×1
USB-A出力×1
USB-C出力×1
QC3.0出力×1
ワイヤレス充電
周波数切替
60Hz、50Hz/60Hz使用可
50Hz使用不可
充電方法4通り
コンセント充電
ACコンセント充電×2(デュアルy充電)
シガーソケット充電
ソーラーパネル充電
充電時間コンセントx1 約7.5時間
コンセントx2(1本別売) 約4時間
シガーアダプター 約13時間
100Wのソーラーパネル(別売り) 約22時間(天気次第)
200Wのソーラーパネル(別売り) 約11時間(天気次第)
電池タイプリチウムイオン電池
充電サイクル800回
LEDライト
UPS機能
EPS機能
静音モード(レベル)
アプリ管理対応
付属品Jackery ポータブル電源 1500 本体
車載用充電シガーアダプ夕一
AC充電ケーブル
収納ポーチ
トランスジャック(DC7909→DC8020)x2
取扱説明書
保証案内書
保証期間3年保証
参考価格¥179,800

≪動画参考レビュー≫

動画内容

以下の内容を詳しく紹介してくれておりますのでとても参考になりますよ!

  • 製品詳細(外観紹介&メリット紹介)
  • ディスプレイ画面の紹介
  • 実際に電化製品使用評価&充電時評価
  • 使ってみてのデメリットな点

★☆セール情報☆★

スポンサーリンク

====================

\春のおでかけセール開催します/

最大30%OFFセール開催中!

【Jackery公式ホームページ】なら以下の期間安く購入できる!

期間は2024年4月15日~2024年4月22日まで

※上記日程で終了している可能性がありますので最新情報は公式ホームページでご確認ください。

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているPlusシリーズ製品を含む製品が最大30%OFF

クリックすると『Jackery公式ホームページ』に移動します。

SALEは次回いつ開催されるのかわかりませんのでご購入の際は事前チェックを

まとめ

いかがでしょうか?

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500について紹介しました。

従来のJackery ポータブル電源 1000から容量や定格出力等の機能性は一段と大きくなり、今まで使えなかった高出力の電化製品が利用可能となります。

電化製品の使用幅が広がる事で、より快適にすることが可能です。

Jackery(ジャクリ)ポータブル電源1500の特徴一覧

  • Apple社の元バッテリーエンジニアが創立当初からメンバー所属しているブランド商品
  • 16kgと重量があり持ち運ぶには少し困難
  • 上面に物を置くことが出来て便利
  • 定格出力は1800Wあり家電のほとんどが動作可能、炊飯器、オーブントースターなどの高出力の家電にも対応
  • 出力ポートは合計7ポート
  • 容量は1534Whで高出力家電も長時間稼働が可能もしくはキャンプ、災害時に2~4日使用できる安心の大容量
  • 大容量なのにデュアル充電で4時間で満充電
  • リチウムイオン電池を採用、約800回の充放電が可能
  • 公式サイト購入で保証期間最大3年保証

こんな人におすすめ 

  • 比較的500W以下の家電製品使用で大容量(3~6日の余裕を持った容量)ポータブル電源を探している人
  • ファミリーキャンプやソロキャンプ、災害時とマルチに使っていきたい人
  • もしもの災害時も自宅で賄えるようにしたい人
  • 安全性の高い電源を探している人
  • アウトドアで活躍するのはもちろん、家でも節電目的で使える実用性の高い電源が欲しい人
  • 防災にオーバースペックすぎないちょうどいいスペックのポータブル電源が欲しい人
  • 商品の価格を考えると、非常にコスパがいいポータブル電源がほしい人
  • 定格出力は高出力でほとんどの家電が安心して使いたい人
  • 買い替え時の廃棄に困りたくない人
  • 日本語マニュアル付きがいい人
  • 防災対策として大容量のポータブル電源を検討している人
  • ドライヤーや電子レンジなどが利用できる高出力のポータブル電源が欲しい人
スポンサーリンク

本体のみ

ご検討の際は公式ホームページからがおすすめ

理由は、公式ホームページから購入した場合

1年間延長の無償オプションが付いてきますので、合計3年間の長期保証になります。

本体+ソーラーパネルセット

収納バック

メーカー製品ラインナップ一覧

スポンサーリンク

【Jackery】ラインナップ 

価格順まとめ記事はコチラ

ポータブル電源

Jackery ポータブル電源 240(241.9Wh/200W) ¥29,800(税込)  

Jackery ポータブル電源 300 Plus(288Wh/300W) ¥39,800 (税込)

Jackery ポータブル電源 400(403Wh/200W) ¥49,300(税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 708(708Wh/500W) ¥84,500 (税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 1000(1002Wh/1000W) ¥139,800 (税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 1000 Pro(1002Wh/1000W) ¥149,800 (税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 1000 Plus(1264Wh/2000W) ¥168,000(税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 1500(1534Wh/1800W) ¥179,800 (税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 1500 Pro(1512Wh/1800W) ¥199,800 (税込) 口コミ情報はコチラ

Jackery ポータブル電源 2000 Pro(2160Wh/2200W) ¥285,000 (税込)

Jackery ポータブル電源 2000 Plus(2042.8Wh/3000W)  ¥285,000(税込)

Jackery ポータブル電源 3000 Pro(3024Wh/3000W) ¥419,000(税込)

拡張バッテリー  

Jackery Battery Pack 1000 Plus ¥117,600(税込)

Jackery Battery Pack 2000 Plus ¥175,000(税込) 

ソーラーパネル

Jackery SolarSaga 80W ソーラーパネル ¥29,800(税込)

Jackery SolarSaga 100W ソーラーパネル ¥34,800(税込)

Jackery SolarSaga 200W (JS-200A)ソーラーパネル ¥86,600(税込)

       

ポータブル電源+ソーラーパネルセット

Jackery ポータブル電源 300 Plus + ソーラーパネルセット ¥49,900(税込)

Jackery ポータブル電源 400 + ソーラーパネルセット ¥79,900(税込)

Jackery ポータブル電源 708 + ソーラーパネルセット ¥118,300(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 + ソーラーパネルセット ¥169,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro + 80W ソーラーパネルセット ¥178,600(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro 100W + ソーラーパネルセット ¥179,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 Pro 200W + ソーラーパネルセット ¥219,900(税込)

Jackery ポータブル電源 1000 Plus + ソーラーパネルセット ¥202,800(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 + ソーラーパネルセット ¥242,600(税込)

Jackery ポータブル電源 1500 Pro + ソーラーパネルセット ¥269,800 (税込)

Jackery ポータブル電源 2000 Pro + ソーラーパネルセット ¥359,900(税込)

Jackery ポータブル電源 2000 Plus + ソーラーパネルセット ¥355,000(税込)

Jackery ポータブル電源 3000 Pro + ソーラーパネルセット ¥499,000(税込)

・収納バッグ・ケース

Jackery ポータブル電源 収納バッグ S ¥5,899(税込)

Jackery ポータブル電源 収納バッグ M ¥8,099(税込)

Jackery ポータブル電源 収納バッグ L ¥11,999(税込)

Jackery ポータブル電源 収納バッグ P15 ¥9,999(税込)

Jackery ポータブル電源 収納バッグ P15(JPC-1500B) ¥6,999(税込)

Jackery ポータブル電源 収納バッグ P20 ¥12,300(税込)

・ケーブル

Jackery SolarSaga アダプター(Pro/Plus専用) ¥8,600(税込)

Jackery SolarSaga 5M延長ケーブル ¥2,999(税込)

Jackery Solarsaga 並列接続用ケーブル ¥3,999(税込)

    あわせて読みたい

    スポンサーリンク

    =================================

    災害時に必要なもの

    飲料水(保存水)

    飲料水は1人当たり1日3リットルが目安で、最低でも3日分は常備しておくのがおすすめです。

    水は飲水として活用できるだけでなく、傷口の洗浄や手洗いなどにも役立ちます。

    衛生面を考慮して、500mlのペットボトルで小分けにするのが良いです。

    また、給水車が来たときに水を補充できるように、給水袋もしっかり用意しておきましょう。

    スポーツドリンク(塩分チャージに)

    給水袋

    食料(非常食)

    非常食の量としては、賞味期限に注意しながら「人数×3日分」が目安です。

    腹持ちが良く高カロリーである、乾パンやチョコレートがおすすめです。

    自ら進んで食べることのできない食料は、どんな状況であったとしてもストレスに感じます。

    そのため、できるだけ自分好みの非常食を選別しましょう。

    防寒具

    夜間は気温が下がることもあるため、防寒具を用意しておきましょう。

    寒さで凍えると、体力を奪われる可能性があるため、冬場は特に防寒具が重要となります。

    冬にも耐えられるよう、かさばらずに持ち運び可能なアルミ製の防寒シートも準備しましょう。

    防寒シート

    工具類

    衛生用品・生理用品

    小物類

    =================================

    スポンサーリンク

    =================================

    キャンプ(アウトドア)であったらさらに楽しくなるもの

    シュラフ(寝袋)

    掛け布団としても使える

    夏用

    冬用

    マット・シート

    床の凸凹をなくすためのアイテム

    クーラーボックス

    飲食物を新鮮に保つために

    車載冷蔵庫(22L)

    クーラーボックスより長期間対応できる

    ランタン

    夜間照明用、防災用として役立つ

    シアターセット

    癒しのあるひとときを過ごせる

    テーブル・チェア

    快適なキャンプライフのために

    ポータブルトイレ

    自然環境を守るための必需品

    防虫剤

    虫から身を守るために

    救急キット

    小さなケガや急病に備えて

    =================================

    スポンサーリンク

    関連コンテンツ

    -Jackery, ポータブル電源
    -, , , , ,